2019年6月の記事一覧

ここ数日のできごと

ここ数日の出来事

 

先日、全校表彰を行いました。

 

市総体関係が主なものでしたが、今年度は県大会へ駒を進めるチームが多数あり、うれしい限りです。

新聞紙上にもその組み合わせが掲載されましたが、総勢100名を越える選手たちがこの夏熱戦を繰り広げます。可能な限り応援よろしくお願いいたします!

 

思春期教室

一年生対象の「思春期教室」様子です。

参加後の感想の一部を紹介します。

学びの深まりを感じてください。

 

・命が誕生するということは、簡単なことではないと知った。今の自分が誕生する確率はとても低い。40万個の卵子と1億以上の精子から一つが選ばれて受精し、自分の顔、性格になることは奇跡に等しいことなのだ。この世に生まれた一つだけのこの命、大切にしていきたい。

・「人工妊娠中絶」がこの四国中央市でも珍しいことでなく、愛媛県では全国を上回っていることを知って驚いた。このような命に関する大切なお話や貴重な体験をさせていただいた。とても幸せなことだと思う。お父さん、お母さんに改めて感謝の気持ちを伝えたい。

 

クリーン愛媛

日頃からお世話になっている地域に感謝の気持ちを込め、全校一斉の地域奉仕作業を行いました。作業場所によっては雨に降られたところもあり、大変でしたが、なんとか作業を終えることができました。

作業後の笑顔がやり切った感を物語っています。

みなさんお世話様! ありがとう!

 

☆☆☆市P連球技大会の軌跡☆☆☆

北中女子チーム優勝!

男子はちょっと残念な結果となりましたが、

本日アリーナ土居にて行われました「市P連球技大会」中学校・高校リーグ、女子の部において北中女子チームが見事優勝です!

すごい!

終始笑顔で、終始強気のプレーが功を奏しました!

すばらしいチームプレーが随所に見られる好ゲームばかりで、見ているものが興奮と感動に包まれました。

 

今大会に運営側となって参加協力してくださった関係者の方々にもお礼申し上げます。

けが人もなくほんとうに気持ちのよい大会となりました。

 

 

最後に

選手のみなさん、おめでとうございます!

感動をいっぱいもらいました。ありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

学校の木々たち

先々週から延び延びになっていたグラウンド西側テニスコートの高木樹の剪定が終わりました。

高所作業車が入り、朝からお昼過ぎまで作業をしていただきました。

 

また、前庭ロータリーのケヤキの様子が思わしくなく、気に病んでいましたが、

今回、枯れてしまっている部分を剪定していただきました。

 

持ち直してくれるといいのですが。

 

暑い中、業者の方々には大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

今日のお話 ふたつ

ちょっとうれしいこと。

毎朝出勤後、学校の鍵開けに回るのですが、その際に、気になっていたことがあります。

それは、生徒の靴箱横トイレ内のスリッパの使い方です。

 

最近、無造作に脱ぎ捨てられていることが多く、そのたびにそろえ直していたのですが、今日はなんと、きっちりそろっているではありませんか!

誰かがそろえてくれたのですね。ありがとう!

 

ということで、とても気持ちのよい朝を迎えることができました。

 

「使ったら、そろえて置く」これだけです。

それだけで、お互いが気持ちのよい生活ができるのです。

みなさん、よろしく。

 

さて、今日の5校時は3年生が体育館で進路集会をしていました。

しばらく後ろで聞かせてもらいましたが、

生徒のみなさんは進路指導主事の話をどんなふうに聞き、

そして、どんなふうな気持ちになったのでしょう。

 

「どこに目標を置くか」

いい話でしたね。

どうせなら目標は高く、広く、いきたいところです。

大志を抱け。

 

関連して、それを実現させるための一方法が紹介されました。

それは自分の「夢」「思い」をたくさんの人に「語る」ということ。

言霊―ことだま―(ことばがもつと信じられた神秘的な霊力)を信じて。

「夢や思いを語る・公言する」とは言い換えれば「生き方宣言」なのではないかと私は考えました。

民放の話はできるだけさけたいところですが、「俺のスカートどこ行った?」の原田先生(のぶおちゃん)が余命宣告を受けた後、「自分のやりたいリスト」を作ってひとつひとつ夢を実現させていく過程が、重なってきます。

純粋に、純粋だからこそ、将来の理想の自分になるために命かけて「挑戦」している様がとてもきらきら輝いてみえるのです。

このお話はそこにとどまることなく、人間の見方・生き方にまでさまざまなお題を提供してくれます。

話がややこしくなりましたが、

やってみますか?

「挑戦」してみますか。

言霊を信じて。

 

命はひとつ

この4月から4件、自転車事故が発生してしまいました。

幸いにも命に別状はなく、ほっとしていますが、

うち2件は、今月に入って立て続けに起こっていることを重くとらえ、

今朝は緊急全校朝会を行いました。

 

前回でもお伝えしましたが、お互いが、交通ルールを守って通行すれば、ほとんどの事故は起こることはないのです。

事故を起こして痛い思いをするのは自分だけではないのです。

現代は事故に巻き込まれるケースも増えています。

 

自分の身は自分で守ってください。

そのためにどう動くのかが問われているのです。

 

自分の身は自分で守ってください。

切に願います。