R2 川北学校日記

伝説の魚。スマさん登場。

 芳醇な旨みと光る油。これが伝説の超高級魚。

こんにちは、あなたがスマさんですね。

 

 

 

にび色の空がスマさんの輝きをより引き立てる。

「あれ、太陽って今日はここにあったんかいな。」

さながら太陽のようなスマさんに目を奪われつつも、スマさんの輝き(油)は容赦なく僕たちへと降りそそぐ。その輝きは 生徒と先生にも波及し、輝く笑顔を生み出しました。笑顔も連鎖、いつものメンバー、これはいわゆる最高だ。

 

「ありがとう」という言葉の語源は「有り難し」です。

スマさんを咀嚼するたび押しよせる感動。まさに「有り難し」。

スマさん、僕らのもとへやってきてくれた。ありがとうございます。

愛媛県漁協さん、こんなに美味しいお魚を提供(無償)してくださり、ありがとうございます。

調理員さん、いつも美味しい給食をありがとうございます。

 

 感謝の気持ちをいざ込めて・・・

「ご馳走様でした!!」

 

美味しそうに食べる様子を、追加掲載です!

これぞ、『すま、スマイル興奮・ヤッター!

ほんとに、美味しかったです。